So-net無料ブログ作成

羽純25thバースデーライブ 2009年6月16日(火) [イベントレポート]

6月16日羽純ちゃんの誕生日、今年で25歳。東京の目黒「音の箱」バースデーライブが開催されました。

ヒロっちなりのレポートを書きました。とはいえ、時間がなくてちゃんと校正できていませんので書きなぐり状態です。ご了承下さい。

=== ライブの概要 ===

選曲アレンジ、などは羽純ちゃん自身が行い、信頼するバンドのメンバーとのライブです。
色々なジャンルの曲あり、オリジナル曲はいつもとは違うアレンジ、羽純ちゃんを含めて5人のバンドの分厚いサウンド。
私の文章ではどうやっても語りつくせない素晴らしいライブでした。新曲の発表もありました。

開始時刻は、音の箱 Open 18:00 ライブ Start 19:30
ステージは3回 1st 19:30~ 2nd 20:40~ 3rd 21:50~
3ステージ・入れ替えなし&ノーミュージックチャージ(テーブルチャージ500円+お食事代)

演奏は、羽純(バイオリン)瀬田創太(ピアノ)田嶋真佐雄(ウッドベース)伊藤ハルトシ(ギター、チェロ)松本ちはや(パーカッション)

曲は、
1stステージ
 ♪Overture ♪blossom ♪時雨 ♪Wave(ボサノバ) ♪SUNRISE
2ndステージ
 ♪solo(クラシック独奏) ♪Special Thanks Day(歌) ♪Summertime ♪揺れる心
3rdステージ
 ♪水の音に・・ ♪SPAIN ♪Current feelings ♪Sky is the limit(新曲です)
アンコール ♪blossom

そして、進行は『かみかみMC』でお馴染みの羽純ちゃん自身です。

2ndステージでは、お客様のハッピーバースデーの演奏とサプライズのバースデーケーキ、そして恒例のローソク消しクラッカーのお祝いがありました。
バースデーケーキは、ぴゅあシストひろさんの発案で、ゾロメのジャックさんがテープが飛び散らないクラッカーと一緒に準備していました。


=== ヒロっちレポート ===

さて、私ヒロっちは、この日は午後休を取って、午前中は広島の会社で仕事をしていました。
昼食後12時半頃に会社を出て、かなり早いですがそのまま車で広島空港へ向かいました。

話が少しそれますが、バースデーライブなので素敵な(気の利いた)お誕生日プレゼントを贈りたいところですが、今回はあえてプレゼントは用意せず私自身が平日に東京まで行くことを一番のプレゼントにするつもりでした。羽純ちゃんには、ライブに行くことを最終的に決心した時にそんなニュアンスで連絡しておきました。
ところが、6月7日(日)に広島で神園さやかさんのイベントがあった時に、ひょんなことから急遽500円以上の買い物をすることになりせかっくなので安~いバースデープレゼントを買いました。それから、さやかさんと話をするためにCD「約束」を買って2枚になったのでこれもプレゼントにすることにしました。そういえば、このブログで紹介したように、GWに羽純ちゃん宛てのさやかさんサイン色紙を貰っていたのでそれも一緒に準備しておきました。

話を戻して、広島空港でバースデーカードを買ってメッセージを書こうかと考えたのですが、書くものを持ってないことに気が付きました。そこですぐにバースデーカードを諦め、お馴染みの宮島名産のしゃもじを買うことにしました。1回目のしゃもじは「商売繁盛」、2回目は「あんたが最高」でしたが、最近羽純ちゃんが体調を崩し気味だったので今回は「健康」にしました。羽純ちゃんのブログで写真が掲載されてますね。

14:15発の飛行機で羽田へ飛び、京急でお馴染みの蒲田へ向かい、16時を少し過ぎた頃に京急蒲田とJR蒲田の中間にあるホテルへチェックインしてゾロメさんにメール連絡しました。ゾロメさんは早めに会場となる「音の箱」へ向かうということだったので、ほんの少しだけ休憩してJRで目黒へ向かいました。この時から雨模様になりました。
17:15頃に目黒駅に到着し再びゾロメさんへメール連絡しました。オープンの18時まではまだかなりの余裕がありました。駅から音の箱までの道のりはネットでしっかりチェックしてあったので、とりあえず駅のすぐ前にあるマックに入って雨をしのぎながらメールの返事を待ちました。
音の箱さんには申し訳ないのですが、東京への一泊旅行はお金がかかるので音の箱で美味しい料理をたくさんいただくことはできそうもないので、事前に腹ごしらえしました。
そこへ「すぐ来て」という返事メールが来たので音の箱へ。エレベーターを降りると羽純ちゃんとバンドの皆さんがリハーサルをしていましたのでそのサウンドが耳に入ってきました。
既にゾロメさんは花を飾りつけていましたので、T-1さんにも挨拶をして手伝いを始めました。花の飾りつけや、ビデオのセッティングなど。。。

そして、サプライズでのバースデーケーキクラッカーの打ち合わせ。ぴゅあシストのメンバーには事前にクラッカーを配っておいて、羽純ちゃんケーキのろうそくを吹き消したところでクラッカーを「パーン!」 という算段をしました。

そうしているとリハーサルが終り、オープン予定の18時になりました。お店の方が「オープンしていいですか?」と確認していざ開店。少しずつお客様が入ってこられました。
ピースさんがステージ向かって右側の窓際の席を陣取ったので、私はその隣に座らせていただきました。その席では、hayataさん高屋2007さんと一緒になりました。バイオリン演奏だと向かって右側の方が羽純ちゃんの顔が正面に見えますので、いつも正面から右側の方へ座ることにしています。窓際はベンチシートだしゆっくりすがることができるので楽でした。
てかてかタッキーさんも来店され、購入をお願いしていた OLD STORMCD「juke★box」を受け取りました。3曲目には羽純ちゃんも演奏に参加している♪巡る♪が入っています。

来店のお客様には、ステージが始まる前にアンケート用紙が配られました。これで事前に演奏する曲名がわかりました。もちろん知っている曲も知らない曲もありました。
とりあえず、お酒と料理を一品ずつ注文してステージの開始を待ちますが、ピースさんと二人で「ステージが始まるまでまだかなり時間があるね」という感じの話をしていました。

そしていよいよ待ちに待ったステージが始まりました。
羽純ちゃんメンバーがステージへ出てきました。はて、どういう順番でどういう感じで出てきたのか、さっぱり覚えておりません。
そして演奏が始まり、静かにライブスタートしていました。「していました」というのは、演奏が止まった!?と気づいたときには1曲目♪Overture♪が終っていたからです。
ここはモチロン羽純ちゃんの挨拶、MCです。すみません、ここでの話の内容もまったく覚えておりません。普通に考えれば、言いそうな事は想像できるとは思いますが(笑)
そして、羽純と言えばこの曲ということで♪blossom♪バンド編成バージョン、そしてこれもオリジナルの定番♪時雨♪です。いつもとどう違ったか?分厚いサウンド・・・としか。。。でもこの時点でかなりの感動が心に響いていたと思います。
その次は、ボサノバの♪Wave♪でした。曲数が多いライブだからこそ色々なジャンルの曲を聴くことができたのですが、本当にボサノバっていうことがわかる曲でした。バンド編成だからこそそう感じられたのかも知れません。
最初のステージの最後の曲は、ご存知♪SUNRISE♪です。 そして1回目のステージが終了します。 というレベルでしか情報を記憶していないのです。
でもとにかく素晴らしい演奏でした。ではたくさんの音楽と演奏を感じとりましたが、では情報を記憶していません。。。

さて、またしばらくお食事と歓談の時間が始まります。ゾロメさんはビデオのメンテナンスなど忙しくされていますが、それを横目に・・・です。申し訳ない。
2回目のステージでは途中で、お客様のうちの2名が♪ハッピーバスデー♪を演奏して、皆で歌ってお祝い。サプライズのバースデーケーキとクラッカーが待っています。という訳でゾロメさんからクラッカーを預かって、ぴゅあシストだけでなく色々なお客様に「クラッカーを鳴らすタイミングが来ますからお願いします」と言って配りました。

と客席を歩いていると、鎌倉より愛をこといつも羽純ちゃんのサポートをしてくれている竹腰甲生くんを見つけたので挨拶をして、席に戻りました。

そして2回目のステージがスタートです。
最初の曲は、羽純ちゃんがクラシックの♪solo♪という曲を独奏しました。普段あまり羽純ちゃんクラシックを演奏するのを聴く機会はありませんが、本格的なクラシックでした。羽純ちゃんキンチョンカンがヒシヒシと伝わってきました。
そしてここからバースデーモードに入ります。羽純ちゃん感謝の気持ちを言葉に表した歌♪Special Thanks Day♪を歌いました。今のところこの曲以外の歌はカラオケしか聴いたことがありませんね。(羽純ちゃんのカラオケを聴いたことがある人も限られた幸運な人ですが。。。)
ここで、前述のバースデーサプライズ企画がありました。その趣向は既に書いたのであらためて書きませんが、ケーキの写真は羽純ちゃんのブログに掲載されています。年齢ではなく日付のローソクというのもなかなか面白いアイデアでした。
ただ1点、企画したゾロメさんが予想外のことが起こりました。ローソクを吹き消したところでクラッカーのはずが、お客様にそこまでは伝えてなかったので、ハッピーバースデーの歌が終ってケーキが出てきたところでクラッカーが鳴り響きました。これも予想外のサプライズでした。本当のタイミングを知っていた私を含む一部のぴゅあシストだけがローソクを消したところでクラッカーをパーン!と2回も楽しめました。

それと、羽純ちゃんのブログで募集していた通り、6月生まれのお客様には羽純ちゃんからのプレゼントが贈られました。これも羽純ちゃんのブログで紹介されていますね。羽純ちゃんがお父様にお願いして作っていただいた特製のストラップです。放送では「お金を出したのは私ですよ!」と強調してましたね。今後、このようなモノがグッズとして登場するかも知れません。

そして、演奏に戻ります。 誰もが知っている曲♪Summertime♪。「サ~マ~タ~~イム」という歌でも有名が曲ですね。1回目のステージではギターだった伊藤ハルトシさんが、チェロに変えて演奏されましたが、これがとっても凄くて吸い込まれるような演奏でした。途中で羽純ちゃんが苦笑するほどの恍惚の表情と粘るチェロ! ってこの曲でしたっけ?
このステージ最後の曲は前回のライブまでは新曲だった♪揺れる心♪でした。この日からは新曲ではなくなりました。

さてさて、またしばらくお食事と歓談の時間が始まります。この頃になると時間のことは完全に忘れてました。気がつけば、3回目のステージが始まる時間になっていて、羽純ちゃんが登場してきました。
バイオリンの弦を調整している様子なのですが、この日は湿度が高くてつまみが重くなかなか調整がうまく行かない様子でした。バンドの皆さんが音あわせしているなぁ~と思いつつ、それを横目にボーっとしていたのですが、ふと気がつくと♪水の音に・・♪の演奏が始まっていました。音あわせだと思ったのは、実は♪水の音に・・♪だったのです。 酒に酔っていたのか?ここまでの演奏に酔っていたのか??
引き続き、♪SPAIN♪という曲でした。この曲は初めて聴いた曲でしたが、バンドでの演奏だということもあってか、一番バンドらしいサウンドの厚みと迫力を感じた曲でした。って、この曲だったかなぁ? 記憶とタイトルがどうにも頭の中で結び付けられないのです。

そして、ご両親も含めたお客様とバンドのメンバーにも(?)感謝の気持ちをこめた♪Current feelings♪
最後はいよいよこの日発表になった最新曲♪Sky is the limit♪でした。「限界なんてない」というメッセージです。バイオリンアレンジも貪欲に勉強を続けている羽純ちゃんには限界はない と思います。心配なのは体調だけです。。。

もちろん、アンコール♪blossom♪。最後は、羽純ちゃんのリードで皆でコールではなくて、口で演奏、でもなくなんて言ってよいかわかりませんが、一体になって終りました。

それにしても、バンドの方々の演奏の実力なんていうまでもなく、それぞれの個性とそれらの一体感は素晴らしいとしか表現が出来ません。
選曲、アレンジ、そして演奏とカミカミトークを成し遂げた羽純ちゃんには感動をもらいました。お返しによくできましたの五重マル をあげます。
この日はあいにくの雨で、途中稲光に雷鳴が響きましたが、これも天から羽純ちゃんへのお祝いだったと思います。

ライブの後は、23時閉店ということで、支払いをする人、CDを買う人、サインを貰う人、挨拶をする人、そして帰る人、三々五々でした。
最後は、片付けをするゾロメさん高屋2007さんと一緒に手伝い、ケーキで打ち上げをやっている羽純ちゃんとバンドのメンバーに遠目から挨拶をして帰りました。

そして、JR目黒駅から蒲田へ向かい、途中でペットボトルのコーヒーとパンとおにぎりを買ってホテルへ帰り、夜食を食べて寝ました。
翌朝は6時過ぎに起きて余裕をもって羽田空港へ行き8:15発の飛行きで広島へ帰り、空港から会社へ直行。10時半頃に出勤しました。

とにかく、ではなく心に残るライブでした。これまで見てきたライブよりさらにクオリティが高くなっていました。
バースデーに限らずこのようなライブをまたやってもらって、今回見ることができなかった多くの人にも是非見てもらいたいです。

以上~

20090616羽純BPアンケート40.PNG20090616羽純BP音の箱01.JPG


2009年6月21日(日) イベントレポート

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。